木彫りの温かさと華麗な彩色が特徴です

ひな人形  五月人形  高砂人形  十二支(えと)  縁起物  能人形

 


 

 カートを見る

特定商取引法表示

個人情報の取り扱い

 

◆SSL対応◆
Secure Sockets Layerにより情報を暗号化され送受信されますので安心してオンラインショップをご利用頂けます。 
 

 


大林杜壽園 100年の歩み


当工房は平成22(2010)年、創業100周年 を迎えました。
三代に渡る当工房の歩みを簡単にまとめましたのでご覧下さい。

    


 初代 杜壽
 

明治24年

奈良県室生村生まれ
 

 

明治43年 東壽の号で一刀彫を始める(三代目神箸東林に師事する傍ら、絵画を春日有職絵師の和田貫水に学ぶ) 1)
 
大正 9 年

全国勧業博覧会(京都)に「鍾馗」を出品、銅賞を受賞 2)
 

大正12年

久邇宮良子女王殿下に「内裏雛」をお求めいただく
 

大正13年

奈良春日大社の「えと」の制作を始める

大正14年

号を「東壽」より「杜壽」と改名 3)奈良県彫工会会員として「第一回工芸品展覧会(大阪三越呉服店)」に参加
 

 

昭和10年 死去
 
昭和42年 昭和6年作の「未」が、お年玉年賀切手のデザインに採用される
 
昭和55年 奈良県立美術館にて開催された奈良人形展に、「葵上」「白僧主」「後高砂」など5点が展示 される

 

 

 


二代目 杜壽
 

 

昭和11年 初代杜壽の次男として奈良市で生まれる。母方の伯父に未来派の画家 ・普門暁がおり、幼少より美術に親しむ
 

昭和31年 二代目杜壽を襲名、一刀彫を始める
 
昭和35年 京都美大(現京都市立芸大)彫刻科卒業
 
昭和43年 大蔵流狂言を春日禰宜座狂言会にて始める 
 

 

 

昭和52年 奈良興福寺の薪能で「棒縛」を演じる

昭和62年 年賀はがきの日本画のモデルに、昭和50年作の「卯」が採用される
 
昭和62年 伊勢神宮の遷宮祭礼の様子を一刀彫で制作 1)
 
   

 

 


三代目 杜秀
 

 

昭和44年 二代目杜壽の長男として奈良市で生まれる


 

 

昭和50年 大蔵流狂言を春日禰宜座狂言会にて始める
 
昭和54年 奈良興福寺の薪能で「重喜」を演じる 
 
平成4年 筑波大 芸術専門学群彫塑専攻卒業、以後一刀彫に従事
 
平成5年 杜秀 襲名
 
平成6年 伝統的工芸技術習得の奨励事業対象者に選出され、展示会等を開催
 
平成8年 第15回「奈良工芸展」(近鉄百貨店阿倍野店)に出品、以後毎年参加 (〜同14年) 1)
 
平成15年 当工房が「奈良まちかど博物館」に認定される (〜同25年)
 
現在 日本美術家連盟 会員
奈良県産業共励会 会員